刊行物のご案内

Publication

(一社)関西キャリア教育センター刊行物のお知らせ

(一社)関西キャリア教育センターはキャリア教育に関わる本を法人の刊行物として発行しております。一つ一つ働く人が自らのキャリアを振り返るきっかけになればという想いで制作しております。すべて物語がベースで専門知識がなくとも誰にでも読みやすく、手に取った方が自分自身の現在のキャリアや内面と向き合うきっかけになるような本にすることを心掛けてきました。今後も(一社)関西キャリア教育センターにてこれからも子どもも大人も楽しめる。心のキャリア育成に関する書籍を制作してまいります。そして関西で働く人の心のキャリア育成の一端を担っていきたいと考えております。

 

書籍名

心の振り子

発行年月日

2019年11月

著者名

中野智啓

内 容

【内容紹介
気持ちに敏感で繊細な看護師の「麻衣」と、彼女の悩みを聴き導く患者である「北川さん」。そんな2人のやりとりを通じて、人間関係、生きるとは何かについて物語が深まっていきます。
人生は振り子のようなものです。悪いことがあって「もうダメだ…」と絶望しても、そのあとすぐに良いことが起きたりします。右に揺れ、左に揺れ、「こう動け!」と命令しても仕方のない振り子。ただし、辿るべき道は、右か左かだけではありません。心のわずかな動きや感情を丁寧に汲み取っていくことが新しい変化への一歩となるかもしれません。本書の中で成長していく主人公を一緒に見守っていただくことで、皆様の心に光が差し、希望が見えてくることを願っています。
【著者より】
本書の主人公である麻衣と、麻衣に節介をかける北川さんは、私が幼少のころに出会った人物をもとにしています。優しくいろいろなことを教えてくれた看護師のお姉さんと、とくに印象に残っていた患者の方の記憶を辿り、表現しました。読者の皆様にとって、この物語が心のバランスのとり方を理解するきっかけになれば幸いです。あなたの人生が、より楽しく、豊かなものになるよう祈っております。

書籍名

静かな水は深い

発行年月日

2019年11月

著者名

竹内祥悟

内 容

【内 容紹介】
~この世界のどこにでもある、見落とされがちな「静かな物語」~
生きづらさに悩む大学生の「真由」と、彼女の悩みを聴き導く「先生」。内向型と外向型の違いや自分らしく存在する意味について、価値観の違う2人のやりとりによって物語が深まっていきます。
【著者より】
この物語の主人公である真由は、内なる感情に関心を向けながら生きる十九歳の大学生です。ユングが「静かな水は深い」と表現した内向的感情型の人物でもあります。この本を読み、成長していく真由を一緒に見守っていただくことで、皆様の心に光が差し、希望が見えてくることを願っています。

書籍名

羊の島のレストラン

発行年月日

2019年7月

著者名

竹内祥悟

内 容

【内容紹介】
こんなにおいしいものはたべたことがない!ほしくさとはおおちがいだ~・・・春夏秋冬、四つの季節に分かれた村をもつ島を舞台に、新しい友達や美味しい食べ物との出会いの物語。人間らしさ動物らしさって何だろう。4匹の羊たちは新しい大好きに出会えるのでしょうか?
悩みながらも協力しあって美味しい料理をつくる羊たち。きっとこの本を開くたび大切な人とあったかくて美味しいシチューが食べたくなります。
【著者より】
絵本に登場する4つのタイプの羊が、他の羊を通して成長していく過程を物語に込めています。それぞれの羊が出会い仲良くなっていく過程は4つのタイプが一つに統合していく過程をそのまま描くことを試みました。文章や絵にこめた意図を想像しながら読み進めていただければ嬉しいです。ただ絵本というサイズの枠組みでは、それぞれのタイプの個性的な言動を載せきれていないと思われます。